HOME入浴5か条

入浴5か条

温泉の入浴 5か条

その1

入浴前後に1杯ずつの水を飲むべし!

入浴すると発汗により血液粘度が翡まり、ドロドロ血の状態に。 入浴後だけでなく、人浴前にも水分補給するのがポイント。
その2

入浴前には、足先など心臓の遠くから順に十分な"かけ湯"をすべし!

かけ湯は、身体の汚れを落としてから入浴するというマナーだけではなく、 温泉の泉質や温度に慣らすためのもの。
その3

頭には濡れたタオルをのせるべし!

立ちくらみは、全身の血の巡りが良くなる分、頭の血流量が減る状態となるので、熱いお湯をしみこませたタオルで頭の血管を開くとよい。
のぼせは、頭に血がのぼった「オーバーヒート状態」なので、逆に冷たい水をしみこませたタオルをのせるとよい。
その4

一気に長湯せず" 分割湯"をすべし!

短い入浴と浴槽から出て休憩することを繰り返すのが「分割湯」。一気に10分間入浴するよりも「3分入浴して休憩、また入浴」を3回繰り返す方が湯冷めしにくいといわれる。
その5

疲労回復には、膝下の" 温冷交互浴" が有効なり!

膝下にお湯をかけること3 分、水をかけること1 分、これを3 ~ 5回程度繰り返すと、末梢血管が広がり、乳酸などの疲労物質が排泄され、 疲れを回復させる効果があるといわれる。
(温泉ソムリエ協会テキストより)

ページトップへ