現在表示しているページ
ホーム > 聖地 熊野

日本人の旅のはじまり神々が棲まう熊野へ

熊野信仰は滝や岩、樹木などに神が宿るとする自然崇拝が起源とされ、平安時代には「浄土信仰」の浸透により貴族や上皇が熊野を目指すようになり、その後、庶民へと広がりました。旅人の切れ目がなく行列ができた様子から「蟻の熊野詣」と例えられるほど、多くの人々が熊野に参詣しました。これこそが「日本の旅のはじまり」なのです。

江戸時代に入ると、「伊勢に七度、熊野へ三度」といわれるほど、西国三十三所巡礼により伊勢から熊野への旅が盛んになりました。
熊野は今も変わることなく、最強のパワースポットとして訪れる人に生きる力を与え続けています。

聖地熊野の地図

熊野三山 - 熊野の神々に会いに行こう

熊野本宮大社

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

いにしえから続く神仏習合の包容力

主祭神は家津美御子大神(けつみみこのおおかみ)で、樹木と食べ物の守護神とされています。檜皮葺の社殿が荘厳です。

所/田辺市本宮町本宮 交/JR紀伊田辺駅からバスで約100分またはJR新宮駅からバスで約80分 TEL.0735-42-0009

熊野速玉大社

熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)

樹齢千年のご神木「ナギ」も必見

川の参詣道として世界遺産登録された熊野川。その河口に熊野速玉大社は鎮座しています。主祭神は水しぶきを神格化した速玉大神(はやたまのおおかみ)で、境内には平重盛ゆかりのナギの大木が。

所/新宮市新宮1 交/JR新宮駅から徒歩約15分 TEL.0735-22-2533(熊野速玉大社)

熊野那智大社

熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)

信仰の起こりは一筋に落ちる命の水

日本一の落差を誇る那智の滝そのものをご神体とし、命の根源である水への畏敬を今に伝えます。主祭神の夫須美大神(ふすみのおおかみ)は、森羅万象の根元の力を与えて下さる神様です。

所/東牟婁郡那智勝浦町那智山1  交/JR紀伊勝浦駅からバスで約25分 TEL.0735-55-0321(熊野那智大社)

那智山青岸渡寺

那智山青岸渡寺(なちさんせいがんとじ)

インドから漂着した裸行上人が開基

熊野那智大社の社殿から東門をくぐると、三重塔が美しい那智山青岸渡寺。観音信仰の中心的霊場で、西国三十三カ所第1番札所です。

所/東牟婁郡那智勝浦町那智山8 交/JR紀伊勝浦駅からバスで約25分、バス停から徒歩約10分 TEL.0735-55-0001(那智山青岸渡寺)

スピリチュアル・スポットを体感しよう

那智の大滝

那智の大滝(なちのおおたき)

訪れる者を魅了する落差133mの大滝

那智原始林には、那智四十八滝と呼ばれるほど多くの滝があり、那智の大滝はそのうちの「一の滝」。滝の落ち口には注連縄が張られ、熊野那智大社の別宮・飛瀧神社のご神体として信仰されています。

所/東牟婁郡那智勝浦町那智山 交/JJR紀伊勝浦駅からバスで約20分 TEL.0735-55-0321(熊野那智大社)

ゴトビキ岩

ゴトビキ岩

展望抜群のスピリチュアル・スポット

神倉山の中腹にひときわ目を引く巨岩があり、ゴトビキ岩と呼ばれています。熊野速玉大社の摂社・神倉神社のご神体で、岩の間からは弥生時代の銅鐸の破片も出土しました。

所/新宮市新宮1 交/JR新宮駅から徒歩約15分 TEL.0735-22-2533(熊野速玉大社)

大斎原

大斎原(おおゆのはら)

三体月伝説が伝わる熊野本宮大社旧社地

熊野本宮大社は明治22年の水害で多大な被害を受け、現在の場所に移築されました。旧社地である大斎原は、神が三体の月となって舞い降りた聖地とされています。

所/田辺市本宮町本宮 交/JR紀伊田辺駅からバスで約100分またはJR新宮駅からバスで約80分 TEL.0735-42-0009

つぼ湯

つぼ湯

世界遺産にも登録された甦りの湯

熊野詣での湯垢離場として栄えた湯の峰温泉。つぼ湯は日に7回湯の色が変化するといわれ、小栗判官伝説でも知られます。歴史を感じる岩風呂に入ると、川のせせらぎが聞こえます。

所/田辺市本宮町湯の峰 交/JR紀伊田辺駅からバスで約90分 TEL.0735-42-0735(熊野本宮観光協会)

補陀落山寺

補陀落山寺(ふだらくさんじ)

僧達が目指したのは海の彼方の観音浄土

補陀洛の語源は古代サンスクリット語の「ポタラカ」で、観音菩薩の浄土を意味します。ここは観音浄土を目指して海へと漕ぎ出した補陀洛渡海の出発点。本尊は平安時代の十一面千手観音です。

所/東牟婁郡那智勝浦町浜ノ宮348 交/JR那智駅から徒歩すぐ TEL.0735-52-2523(補陀洛山寺)

平安衣装で歩く大門坂

平安衣装で歩く大門坂

いにしえの衣装で石畳の古道をゆく

熊野古道大門坂の入り口近くにある大門坂茶屋では、平安時代の衣装を貸し出しています。衣装を身につけての記念撮影や散策が好評。情緒あふれる杉並木の道を優雅に歩けば、時空を超えた旅が始まります。

那智の原始林

後世に残すべき貴重な照葉樹林の森

那智の滝の東側に広がる自然林で、面積は約33haです。熊野那智大社の神域として古くから守られてきたためイスノキやシイなどの照葉樹林が多くみられ、シダ類や山草も豊富です。