和歌山県の温泉

現在表示しているページ
ホーム > 温泉 > 龍神温泉

龍神温泉

龍神温泉は役行者小角が発見し、弘法大師が開湯されたと伝えられる古湯。江戸時代に紀州徳川家藩主が湯治を行うために建てられた宿も残る、静かな山間の温泉地です。

また群馬県の川中温泉、島根県の湯の川温泉とともに「日本三美人湯」としても有名です。泉質はナトリウム炭酸水素塩泉(重曹泉)。肌あたりも良い柔らかな湯で、肌がつるつる&しっとりした感じになります。

高野山から「高野龍神スカイライン」が開通しており、高野山から熊野へ向かう中間となります。

龍神温泉元湯

龍神温泉を満喫!

ごまさんスカイタワー・高野龍神スカイライン

ごまさんスカイタワー・高野龍神スカイライン

高野龍神国定公園の稜線を走る高野龍神スカイラインは、霊峰高野山と龍神村を結ぶ全長42.7kmの道路です。中ほどにある護摩壇山付近は和歌山県の屋根。山頂近くには、道の駅ごまさんスカイタワーもあります

護摩壇山森林公園ワイルドライフ

護摩壇山森林公園ワイルドライフ

護摩壇山の南斜面に整備された森林公園。総合案内施設と芝生広場があり、春には6万本以上が咲き誇るの石楠花(シャクナゲ)園が楽しめます。

キャンプ場

キャンプ場

龍神村はキャンプ場も人気。バンガローがあるキャンプ場から小さなキャンプ場まで、いろいろなスタイルで楽しめます。

道の駅めぐり

道の駅めぐり

龍神エリアには「龍游館」「龍神」「ごまさんスカイタワー」の3軒の道の駅があります。 「龍游館」「龍神」では、地元作家によるアートや木工家具の展示販売所や、地元食材の飲食店も隣接しています。 「ごまさんスカイタワー」は高野龍神スカイライン沿いに位置し、展望塔からの雄大な眺めが楽しめます。

アートとものづくり

アートとものづくり

田辺市龍神村には芸術家やこだわりのものづくり・食品を作る人たちが多く住んでいます。 手すき和紙、藍染、彫刻、家具、絵本、チェンソーアート、写真など、さまざまなアートが生み出されています。

【関連記事】