流れ施餓鬼(ながれせがき)

明治の初期、村に悪い病気がはやり死者が相次ぎました。そこで霊を慰めるために、古い習わしの供養のかたちを再興したのが流れ施餓鬼です。毎年8月15日の夜、長さ9メートル、幅1メートルのむぎわら舟に初盆の供物や提灯を積み、火を放って流す珍しい精霊流しです。

基本情報

期間
8月15日(水)
開催地
下川上安川河原
連絡先
大塔教育事務所
電話番号
0739-48‐0212
実施時間
19時~
予約
不要

アクセスマップ

阪和自動車道南紀田辺ICから約55分

このページのトップへ