旧中筋家住宅望山楼の特別公開

旧中筋家住宅は、江戸時代後期に建築された大庄屋の屋敷で、国の重要文化財に指定されています。主屋は全国的にも珍しい3階建。東に高積山、西には岩橋千塚古墳群のある山々が一望でき、望山楼と名付けられました。望山楼は普段は非公開になっていますが、春と秋に特別公開されます。この機会に大庄屋の屋敷からの眺めを楽しんでいただければと思います。

基本情報

期間
3月21日(祝・水)
開催地
旧中筋家住宅
連絡先
和歌山市教育委員会 文化振興課

(土・日)旧中筋家住宅
電話番号
073-435-1194(土・日)073-465-3040
ホームページ
国指定重要文化財 旧中筋家住宅
実施時間
9時~16時
受入可能人数
120名
※1回(約20分)につき8名ずつ
利用料金
(観覧料)一般100円、高校生以下無料

アクセスマップ

JR和歌山線千旦駅から徒歩約20分

このページのトップへ