和歌山県について

現在表示しているページ
ホーム > 和歌山について > 冬の和歌山

冬の和歌山

いで湯めぐりと海の幸を楽しみたい。2月になれば、春を告げる梅の花が咲き誇るみなべ・田辺へ。

観梅

観梅(みなべ・田辺)

梅の産地、みなべ町と田辺市には、日本最大規模を誇る南部梅林などがあり、2月の開花シーズンには梅の白い花と梅の香りが一面にたちこめます。

スイセン

スイセン(串本、由良)

由良町や串本町の冬の風物詩。白崎海岸、潮岬、樫野崎灯台周辺がスイセンの名所で、海の碧とスイセンの白のコントラストが美しい。

各地の温泉

各地の温泉

大自然に恵まれた和歌山には良好な泉質はもちろんのこと、雄大な自然を眺めながら堪能できる名湯がたくさんあります。

護摩壇山の樹氷

護摩壇山の樹氷

氷点以下に冷却した濃霧が、枝や樹皮などに凍りついてできる樹氷は、まるで白い花が咲いたように輝き、幻想的な美しさです。

お灯祭

お燈まつり

2月6日に行われる神倉神社の祭礼。松明を手にし、荒縄を胴に巻いた白装束の男たち約2,000人が、石段を一気に駆け下りる姿は圧巻。

クエ鍋

クエ

グロテスクな見かけとは違い、脂の乗った美しい白身は、上品で深みのある味わい。造り、鍋、揚げものなど、多彩なクエ料理が堪能できます。

伊勢海老

伊勢海老

黒潮に育まれ、引き締まった肉厚な身と上品な甘みを持つ和歌山のイセエビは絶品。漁獲量で日本一を競うほどの水揚げ量を誇っています。

うつぼ料理

うつぼ

海のギャングとも言われるが、身肉は、姿から想像できないような白さで、クセがない味。脂のりがよく、厚い皮にはゼラチン質を多く含み旨味があり、コラーゲンも豊富だとか。

みかん

みかん

古くからみかんの産地として有名で、約400年の歴史があります。水はけの良い傾斜地を生かして栽培されたみかんは、糖度が高く味の濃い逸品。