和歌山県について

現在表示しているページ
ホーム > 和歌山について > 夏の和歌山

夏の和歌山

海に山に、夏のアウトドアがいっぱい!歴史ある夏祭りも訪れたい。

白良浜

海水浴

真っ白な砂が美しい砂浜や、くじらに出会える海水浴場など、和歌山県内には北から南まで、数多くのビーチが点在します。

キャンプ

キャンプ

山間のキャンプ場、美しい石灰岩に囲まれた海辺のキャンプ場など多彩で、夜には星空観察など、自然あふれる和歌山県ならではの体験を楽しめます。

ラフティング

筏下り・ラフティング

昔ながらの筏流しが体験できるのは、全国でも和歌山県の北山村だけ。ラフティングを楽しめる北山川は、清流もあれば激流もありエキサイティング。

ほたる

ほたる

5月下旬から6月中旬にかけて、県内の多くの地域で、清流のせせらぎを聞きながら、初夏の風物詩・ホタルを観賞することができます。

あじさい

あじさい

6月上旬頃には県内各地で、山上の聖地・高野山では一月遅れの7月上旬頃に、鮮やかなアジサイが咲き誇ります。

那智の扇祭り

那智の扇祭り

毎年7月14日に行われる熊野那智大社の祭礼。十二体の熊野の神々が御滝へ渡御する参道を、大松明の炎で清める神事が「那智の火祭り」です。

高野山万燈供養

高野山萬燈供養会

毎年8月13日に開催される、先祖をはじめ奥之院に眠る総ての御霊を供養するお祭りです。高野山ろうそく祭りとも呼ばれます。

田辺祭

田辺祭

闘けい神社の例大祭。7月24日の夜、会津橋、新会津橋に曳き揃う各町の笠鉾や夜明け前の暁の神事などが見所です。

粉河祭

粉河祭

紀州三大祭のひとつで、きらびやかに飾り付けられた「だんじり」が見どころ。例年7月最終土曜日、日曜日に開催されます。

河内祭

河内祭(こうちまつり)

毎年7月24、25日、古座川河口から河内島(清暑島)にかけての川筋で行われる河内祭。国の重要無形民俗文化財に指定されています。

紀州おどり ぶんだら

紀州おどり ぶんだら

毎年10万人を超える人が訪れるお祭り。紀伊國屋文左衛門につなんだ紀州おどりが和歌山城周辺を練り歩き、大勢の人でにぎわいます。

花火

花火

7月から8月にかけて県内各地で開催される花火大会。「白浜花火大会」の湾全体を銀世界に包むナイアガラは必見です。

タチウオ

タチウオ

有田市が漁獲量日本一を誇る太刀魚。白身で脂がのっているわりにはあっさりとした味わい。地元では「たち重」なる新グルメも登場しています。

ハモ

鱧(ハモ)

関西の夏を代表する味覚ハモ。紀伊水道のきれいな海流の循環がある和歌山沿岸で獲れるハモは、皮がやわらかくて非常に食べやすく絶品です。

鮎

独特の香りを持つため「香魚」とも書くアユ。和歌山の豊かな清流で育った天然アユは香りも良く美味。養殖アユの生産量も日本一です。

梅

梅の生産量日本一を誇る和歌山県。トップブランドとして知られる南高梅は、果肉が厚くて皮が薄く、種が小さいのが特徴で、梅干しには最適な梅。

桃

全国的にも有名な桃のブランド「あら川の桃」。紀の川沿いの南側に広がる桃畑「桃源郷」では3月下旬から満開の甘い香りと桃色の霞に包まれます。