和歌山県について

現在表示しているページ
ホーム > 和歌山について > 高野山エリア

高野山エリア

高野の麓から山上の聖地、世界遺産・高野山へと続く。

嶽弁天からの根本大塔

壇上伽藍

高野山の中心に位置する壇上伽藍は、密教の思想を具現化したもの。ひときわ目を引く根本大塔の内部は極彩色の仏画が立体曼荼羅を構成しています。

金剛峯寺

高野山真言宗の総本山。もとは豊臣秀吉が母を供養するために建立した寺院。ふすま絵や石庭も美しく、じっくり見学しながら歴史を学べます。

奥の院

多くの墓碑と巨木が並び、独特な清浄感を持つ神秘空間。弘法大師入定の地であり、弘法大師御廟は大師信仰の中心聖地です。

丹生都比売神社

世界遺産で、紀伊国一之宮。1700年以上前の創建と伝えられ、空海を高野山に導き神領を授けた神を祀ります。朱色の社殿や太鼓橋が優美。

慈尊院

高野山を開く際に拠点となった要所で、弘法大師の母公が晩年を暮らした寺院としても知られています。世界遺産。

丹生官省符神社

高野の地主神である丹生都比売と高野御子を、弘法大師がお祀りしたのが起源です。慈尊院から石段を登った高台にあります。世界遺産。

真田庵

戦国武将真田昌幸、幸村が隠棲した屋敷跡に建つ寺院。父子ゆかりの史跡があるほか、5月には庭一面に咲くボタンの大輪を楽しむこともできます。

高野山町石道

高野山への表参道で、ふもとの慈尊院から山上の奥之院まで続きます。展望台からは大きく蛇行する紀の川を一望することもできます。

高野龍神スカイライン

高野山と龍神温泉を結ぶ山岳道路。ブナなどの原生林が広がっており、10月下旬から11月上旬にかけては山全体が紅葉で色づきます。

精進料理

殺生戒の教えに基づき、肉や魚介類を食べない僧の生活から生まれた精進料理。季節毎の素材を使ったお膳は見た目にも美しく楽しめます。

胡麻豆腐

高野山グルメの代表格。弘法大師も食したといわれ、山内で提供される精進料理にもたびたび登場します。お土産にも最適。

九度山町は全国屈指の品質を誇る柿の産地。生柿はもちろん、干し柿やあんぽ柿など多彩な柿グルメが産品所などで販売されています。