和歌山県について

現在表示しているページ
ホーム > 和歌山について > 紀中エリア

紀中エリア

梅とみかんの一大産地は、入り組んだ風光明媚な海岸と古い町並みが残る、金山寺味噌・醤油発祥の地。

白崎海岸

湯浅の町並み

湯浅の町並み

醤油醸造発祥の地として今もなお伝統を守る湯浅町。かつては熊野古道の宿場でもあり、国の「重要伝統的建造物保存地区」に選定されています。

白崎海岸

白崎海岸

太平洋へと続く紺碧の海と、真っ白に輝く石灰岩のコントラストが美しく、「東洋のエーゲ海」とも称される海岸。

あらぎ島

あらぎ島

江戸時代初期に開田され、当時のままの姿を残す棚田。「日本の棚田百選」や国の「重要文化的景観」などに選ばれています。

マリンレジャー

石灰岩の白が美しい白崎海岸を海から眺めることができる白崎クルーズや、シーカヤック、ダイビング、スノーケリングなどマリンレジャーが豊富!

熊野古道紀伊路

古くから都より上皇・貴族が行幸した街道で、京都・大阪と熊野を結ぶ紀伊国の主要街道として、長い歴史と多くの文化遺産、豊かな景観に富みます。

梅林

梅林

みなべ町には、南部梅林や千里梅林、岩代梅林などがありますが、とくに南部梅林は「ひと目百万、香り十里」と言われる日本最大規模の梅の里です。

有田みかん

有田みかん

約400年の歴史と伝統を誇る有田みかん。ハウスものから露地もの、また、いよかんや清美など1年を通して味わうことができます。

醤油

醤油

湯浅町で生まれた日本の伝統調味料「醤油」。江戸時代には紀州徳川家の手厚い保護を受け、100軒近くの醸造所が軒を並べていました。

金山寺味噌

金山寺味噌

鎌倉時代の僧が、宋での修行から帰国した際に、湯浅町に伝えたと言われているもの。なめ味噌の一種でおかずやお酒の肴として食べる味噌です。

太刀魚

有田市が漁獲量日本一を誇る太刀魚。白身で脂がのっているわりにはあっさりとした味わい。地元では「たち重」なる新グルメも登場しています。

クエ

大きいもので体長1.5m・重量60kgにもなる「クエ」。秋から冬にかけて美味で、造り、鍋、揚げものなど、天然クエ料理が堪能できます。

梅・梅干し

梅の生産量日本一を誇る和歌山県。トップブランドとして知られる南高梅は、果肉が厚くて皮が薄く、種が小さいのが特徴で、梅干しには最適な梅。