和歌山県について

現在表示しているページ
ホーム > 和歌山について > 秋の和歌山

秋の和歌山

祭り囃子と彩りの山々へ。

紅葉渓庭園

紅葉(和歌山城)

紀州徳川家初代藩主頼宣が築造した西の丸庭園は、昔から「紅葉渓」の名で親しまれ、その名の通り紅葉の美しさを誇る名園です。

金剛峯寺山門

紅葉(高野山)

見頃は10月下旬から11月上旬にかけて。弘法大師空海が開いた真言密教の聖地・高野山を紅葉が深紅に染め上げます。

護摩壇山

紅葉(護摩壇山)

10月下旬から11月初旬。ごまさんスカイタワーの展望塔からは渓谷を紅色に染める大パノラマを堪能することができます。

大銀杏

紅葉(福定の大銀杏)

10月下旬から11月中旬。宝泉寺の大銀杏は「福定の大銀杏」として知られ、推定樹齢400年、幹の周囲5.3m、高さ22mの大木です。

熊野古道

紅葉(熊野古道)

野中の峠に佇む茅葺のとがの木茶屋周辺、熊野本宮大社への入口となる由緒ある王子社・発心門王子周辺など、熊野古道沿いでも、紅葉を楽しめます。

瀞峡

紅葉(瀞峡)

見頃は11月下旬から12月初旬。全国有数の渓谷美。ウォータージェット船から、色鮮やかな紅葉が楽しめます。

生石高原

すすき(生石高原)

標高870mの山頂を黄金色に染めるススキの草原は関西随一のスケールです。見頃は10月中旬から11月下旬。

鷲ヶ峰コスモスパーク

コスモス(鷲ヶ峰コスモスパーク)

標高586.2mの山頂一面にコスモスの花が咲き、天気のいい日には淡路島、四国まで見渡せる絶景も楽しめます。9月下旬から10月上旬頃。

あらぎ島 収穫前

あらぎ島

日本の棚田百選に選ばれているあらぎ島。大小の水田54枚が階段状の扇形に開かれており、秋の黄金色など、四季折々に美しい景色が楽しめます。

御船祭

御船祭

熊野速玉大社の例大祭。「御船祭」の舞台となる御船島は、「神の泊まり」と伝えられ、熊野権現が姿を現した顕現の聖地とされています。

弁慶演劇

弁慶まつり

熊野水軍出陣を再現した演劇「弁慶伝説」、約1,000人で踊る弁慶ゲタ踊り、よさこい踊りで田辺市内を飾ります。田辺花火大会も開催されます。

柿

九度山町は全国屈指の品質を誇る柿の産地。生柿はもちろん、干し柿やあんぽ柿など多彩な柿グルメが産品所などで販売されています。